女性型脱毛症とは

モテる女の髪は美しい!その美しさを保つために日々のケアを忘れない!

女性型脱毛症とは

女性の脱毛症はFAGAと言われ、男性ホルモンが影響して髪の毛が薄くなってしまうAGA(男性型の脱毛症)とは違い、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが崩れることによって引き起こします。

特に三十代後半からは成熟期から更年期へと変わる時期にもなり、ホルモンのバランスが崩れやすくなっているため、抜け毛が増えたり、髪の毛が薄くなってしまう事で悩みを抱える女性が増えています。

更年期になると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が大幅に減少していくため、FAGAが進行しやすくなります。

その他にも、妊娠すると胎児に栄養素が多くいってしまうため、髪の毛まで必要な栄養素が行き届かなくなってしまいます。

育毛や発毛に必要な栄養素が足りなくなった毛髪は、細くてバサバサした抜けやすい髪の毛になってしまいます。

妊娠初期からはエストロゲンが急激に増加するため、毛周期が乱れてしまう事により、成長期から休止期に変わります。

出産すると今度はエストロゲンの分泌量が著しく低下するため、抜け毛が進行してします。

これが女性型脱毛症の原因です。

ストレスや疲労、ホルモン療法を行っている場合も女性ホルモンのバランスが崩れることによってFAGAを進行させる要因になります。

妊娠や出産が起因している薄毛は時間が経過すれば元通りのホルモンバランスに戻ることもありますが、更年期などエイジングが原因で発生するFAGAは治療を行わなければ症状の改善は見込めません。

薄毛が気になる場合の対策としては、ウィッグなどを着用する方法や、ヘアスタイルを工夫して髪の毛が薄くなっている部分に盛ることでで目立たなくさせるテクニックはありますが、どれも根本的な原因の解消には至りません。

ウィッグなどはお風呂等に入る時ははずさなければならなくなるため、安心して使っていられるとは言いきれません。

女性型脱毛症の専門外来を受け付けているクリニックもあるので、根本的な改善を目的とした治療を受けることができます。