髪の毛の成分

モテる女の髪は美しい!その美しさを保つために日々のケアを忘れない!

髪の毛の成分

普段何気なく触れている髪の毛の成分を詳しく知っている方はそう多くはないと思います。

髪の毛の基本成分はタンパク質で基本的な成分の割合は以下のようになっています。

・タンパク質:80%~85%
・水分:11%~13%
・メラニン:4.5%
・脂質:1%~6%

タンパク質の中でも髪の毛の場合、ケラチンと呼ばれる成分が大部分を占めています。

ケラチンは髪の毛だけでなく、爪や皮膚の角質層を形成するために必要な成分です。

弾力性があり、水分を含む繊維状の細長いタンパク質となっており、爪や皮膚、髪の毛などは構成しているアミノ酸の割合によって変化します。

ケラチンは含硫アミノ酸の一つであるシスチンを含んでいます。

このシスチンは分子内に硫黄成分を含んでいます。

髪の毛を焦がしてしまった際に、温泉のような臭いがするのは、このシスチンに含まれる硫黄分子に由来します。

髪の毛のほとんどを構成するケラチンは髪の毛にとって欠かすことのできない成分です。

このケラチンに含まれるシスチンは体内にあるメチオニンから合成することができるのですが、メチオニンそのものは体内で合成することができません。

メチオニンは一般に生命を保つために摂取する必要のある必須アミノ酸と呼ばれるものです。

そのため、メチオニンは食事によって摂取する必要があります。

メチオニンは大豆、小麦粉、牛乳、レバーなどに多く含まれており、これらを積極的に摂取することによって、美しい髪の毛を維持することが可能となるのです。

アミノ酸の組成は食事によっても大きな影響を受け、私たちは毎日の食生活をより注意する必要があります。

髪の毛の健康だけでなく、自身の身体の健康を維持するためにも、必須アミノ酸であるメチオニンを摂取することはとても重要な要素となっています。